一人でも多くの骨髄ドナーが必要です。私達は骨髄ドナー200万人を目指して活動中!
  • HOME »
  • Interview Vol.1 豊島晋作さん

vol_1_top

テレビ東京の経済ニュース「ワールドビジネスサテライト(WBS)」でマーケットキャスターを担当している豊島さん。 骨髄提供したその様子が経済ニュースにも関わらず同番組でオンエアされ大反響を呼びました。 その当時の思いを振り返っていただき、様々な視点からお話を伺いました。

Q.登録したきっかけをお聞かせください。

01

遡って思い出しますと、小学生のときの出来事がきっかけです。仲良くしていた同級生のお母さんが白血病で亡くなりました。後になって、白血病を治療するためには骨髄移植という方法があり、移植を受けることができれば、この難病から回復する可能性があることを知りました。

ただ、当時はまだ子供だったこともあって、骨髄バンクに登録するという考えは浮かびませんでした。そうして月日が過ぎていきました。

しかし社会人として働き始めてからだいぶたったある日、番組の取材でお世話になっていた証券会社の方が突如、急性白血病で入院されました。家庭ではよき父親でもある四十代の働き盛りの男性です。普段から仲良くしていただいていた方でもありました。そんな方にわずかでも役に立つ可能性があるならば、それはドナー登録かもしれない。そう思ったのが登録のきっかけです。(その証券会社の方は、抗がん剤治療を乗り越え、無事に回復され、今でも取材でお世話になっています。)

Q.提供相手は、家族や友人ではない面識のない方ですが、提供を決められたのはなぜですか?

もともと登録する時点で、誰であれ必要とする方の命の役に立てばよいと思っていました。なので面識のない方でもある方でも、常に提供するつもりでいました。人生はいつどうなるか分かりません。いつか自分が白血病になったら、きっと骨髄バンクを頼るでしょう。だから健康な今は「頼られる側」になっておこうと思っただけです。

Q.骨髄バンクから提供依頼の封筒が届いた瞬間はどんなお気持ちでしたか?また、ご家族の反応はいかがでしたか?

02何といいますか、ある意味、身の引き締まる思いでした。バンクに登録した時点では、いつドナーに選ばれるかは分からず、普通に、あるいみ漫然と過ごしていました。

しかし実際に封筒が届くと、自分のHLA型と偶然にも適合した方のことを考えるようになります。おそらく出会ったこともない誰かです。封筒が届いた瞬間から、その「誰か」のために生きる毎日というのは、かつてより「生き甲斐」のようなものを強く感じる日々になりました。

自分が健康体を維持して移植の日を迎えることが、その誰かの命にとって決定的に重要なことになる。そういう思いです。家族は、最初から「人のためになるならば」と理解してくれました。父親がかつて親族間移植のドナー候補になったことがあったことも、そうした理解を助けたようです。

Q人気キャスターとしてご活躍され、連日穴をあけるわけにはいかないお仕事の中で迷いはなかったですか?また、提供にあたりご苦労されたことはありますか?

03検査などで、病院には5〜6回以上は通いました。仕事の合間をみつけてそのための時間を確保するのには少し苦労したのを覚えております。ただ提供によって、どなたかの命が助かる可能性が出てくるわけですから、私にとって、それは仕事よりも明らかに優先すべきことでした。

WBSという経済ニュース番組を視聴者に届ける私の仕事は、確かにやりがいのあるものですが、誰かの命を助けることができる仕事ではありません。

一方で患者さんは、移植を受ける前に非常につらい抗がん剤治療を受けていると聞いておりました。なので、私が日程を調整する苦労などは、そうした苦労に比べればさしたる苦労ではないとも思っておりました。

ドナーになるのは、一生に一度か二度のこと。毎日の仕事と比べ、どちらが大事か。私にとって答えは明らかでした。このとき、会社が理解を示してくれたことはとても助かりました。

Q.なぜ、番組内で提供の様子を放送することになったのですか?

04WBSは本来、経済ニュース番組です。その番組で今回のような移植について取り上げることは、ほぼ前例のないことでした。しかし最終的には「社会的に放送する意義がある」と、プロデューサーを始め番組として判断しました。

高齢化が進む中、骨髄ドナーが減少している社会的現実などもきちんと伝える必要があるとの判断でした。また番組出演者がドナーに選ばれるのはとても珍しいことです。よって、私という出演者の目線を通じ、提供の模様が全てテレビカメラで撮影できるというのも放送する際のプラス要素になったと思います。

おかげで、撮影にあたった後輩ディレクターには、私の裸を目撃されることになりましたが。笑。

リンク

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人SNOWBANK All Rights Reserved.